So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

新種・珍種も珍しくない、うふふ美術館は秘境の楽園 [土暖美術館]

太陽ガンガン、緑も濃い濃い。

夏だ夏だ海も大きい。

魚も泳いでいる・・?と思ったがどうも泳げない魚。


最近は地球温暖化が原因か数年に一度の現象がよく発生する。

この魚もそのうちの一つかもしれない。

現象1) 魚にしては太りすぎである。

現象2) 胸に何やら大きな膨らみがる。

現象3) その胸に吸い付く小魚も珍しい。

現象4) 親魚「あはっ?」となぜかぽっかり口。

現象5) なぜか魚の絵文様入り大きなウロコを持つ。

opaiuoappu.jpg

うーん?・・うーん。これは珍しい。

最近にない珍現魚なのかもしれなくて思わず興奮の美術館

館内現象とは裏腹に庭には大きな花が咲いている。

DSCN0476.JPG

この花はヤマユリなのか鬼百合なのか知らないが、

なんともすごい、オレンジ色のしべがすごい。

がばー・・と強烈すごすぎる。

エイリアン的その形相に、少しおののきあとずさり。

我が家の庭はどこの秘境にあるのか?と認識新たに日も頭もやや沈む。

DSCN0472.JPG

ちょいとわかりにくいが、トンボらしいものが秘境の我が室内に入っていた。

なぜかなぜか、よくよく見ても、よく見るようで見たことがない姿のトンボ。

すごいすごい、頭から長い長い触覚様のものが二本突き出ている。

これはとうとう私も新種を発見するに至ったか?

と思いながら調べてみたら、ツノトンボという種類らしい。

写真は撮ったが、少し目を離したすきにどこかへお隠れあそばした。

珍種はそっとしておくのがよい、という計らいなのである。


新種、珍種がそれほど珍しくないくらい、変な主や魚が展示されている

「うふふ美術館」の詳細は下のバナーをクリックしてお確かめください。


土暖亭ロゴ1 コピー.jpg


真っ赤に燃えた太陽の下、テニス三昧肌見せないの伊豆土暖温泉 [土暖美術館]

君は何もの?連休である。

快晴は嬉しいがなぜか悲しい毛穴が開く夏なのだ。

鼻の穴も全開にテニスで汗かく、かきすぎてもう出ない。

お疲れさんの今日この頃となる。


そんな夏日は土暖温泉の活躍日。

シャイなおっさん頭にタオルの鉢巻きと

スカートよろしく長めのタオルで温泉三昧。

あーこりゃこりゃ・・

koedaasobi13.jpg

隣の池を覗いてみたら泳いでた。

と思ったのは間違いで泳げない魚がそこにいた。

カラフルに品よく泳ぎたいのはやまやまなれど、

私、泳げないの・・と悲しい魚。

isie3.jpg

水面の反射がなぜか模様のように美しく波打ちぎわ。


畠ではニンジンまだ成長過程なれど

食べて食べてとせがんでいるように感じる。

DSCN0435.JPG

というか、栽培素人の畑仕事

なぜか葉が枯れ成長不足。

食べてあげたいけれどちょっと小粒で物足りない。

そんなあなたが嫌いではないが、もっと大きくなって頂戴な!

hazukasifukurou.jpg

なぜか恥ずかしのフクロウが

「ほ~ ほー ちいちゃいちいちゃい」と鳴いているような?

そんな気がする恋の夜。


DSCN0443.JPG

おやー?ここにも ちいちゃい チイチャイかぼちゃ君

「ちょっとあんた・・・」

「私だって頑張っているのよ!」とでも

言いたげなれど無口なかぼちゃ君なのであります。


小さいかぼちゃで有名な「うふふ美術館」詳細は下のバナーからどうぞ。


土暖亭ロゴ1 コピー.jpg



海あり山あり畑あり、うふふの風がそよ吹く伊豆高原のピンク夏 [土暖美術館]

暑い日が続く。

梅雨明け宣言はまだ聞いていないよね?

でもでも、高原の名を冠した爽やかな風が吹く?

いやいや、吹いてくれなければ困るよ困るのだ。

だってだって、売りはそこしかないのだから頑張りなさいよ!

と今日も一人、わけわからないことをぶつぶつ言いながらの

「うふふ美術館

水彩画不明2.JPG

この花の名は知らないが以前描いた水彩画。

ちょいとだけ爽やかな色使いなれど

少しうるさい、たくさん描きすぎだ欲張りめ!

DSCN0434.JPG

畑では植えた覚えはないが、なぜか言い寄られてしまって

つい育ててしまったのだ、今はシソジュース

お前さん、ニンジン畑に育ったのがいけないんだよ!

と何本か引き抜いてクエン酸なのだ。

シソジュースは爽やかすっきり色もよい。

ぐいぐい飲んでお見せできないのが惜しいこと。

DSCN0471.JPG

おやおや、この花は何だろう?

知らないことだらけの館長はハタと困って考えた。

ひょっとして、これがほかの人のブログで見たことのある

フウロとか言う花なのであろうかピンク可愛い

違ったらごめんなさいと館長は平身低頭。


おや~?犬が木につながれたまま芝生の庭で楽しそうに遊んでいる。

ぴよ~んと飛んで着地したところか、半分地面に埋まってる。

ここにもピンクの花が・・

あれー、なぜかピンクばっかりです~ね・・。

ピンク好き館長の独り言でした。

kitoisiinu.jpg

このような、稚拙でかわいい作品も展示してあるという噂の「うふふ美術館」

話題の作品は下のバナーをクリックすれば見られます。


dodanトレードマーク3.jpg


手書き手作りまだまだイチジク、自分作りで楽しむ生活 [土暖美術館]


畑仕事初心者で毎日が成長の楽しみとがっかりとドキドキで

満たされているこの初夏。


このシャツは少し厚手なので夏用ではないかもしれないが

自分では少しドキドキ感を持って完成の手描きオリジナルシャツ。

余分なところまで写っていて、それがまた良いと・・は言えないかも。

DSC00041_edited.JPG


布に絵を描くことは簡単だが難しい。

染めるための絵具は最近市販のものがたくさん出回っているので問題ないが、

筆運びが悪いと和紙に書く時と同じく、絵の具を含ませすぎたりすると

織目の毛細管現象でどばーっとにじみができてしまって失敗する。


失敗を克服するには早く筆を運ばなくてはならない。

細かくて繊細はよいが太くて広い面積を色付けするのは難しい。

うっかりするとすぐ滲んでしまったり、ぽたりと絵具を落としたりする。

相手がシャツだけに、失敗は許されないので神経を使う趣味である。

疲れてしまったそんなときは、

リキュールグラスを使っての石に絵を描くのも楽しい。

その場合、とにかく女風呂が特に楽しい。

湯船からの煙のせいか、やはり少しピンボケて見えすぎよりいいのかも・・

と言いながら、

ロゼワインでも入れたらほのかに香るひなびた温泉露天風呂になる。

それが我が家の玄関だ。

古いサルトリイバラの実も演出していてくれる。

グラスに石絵温泉風景.jpg

今、庭から鶯の声が聞こえる。

すぐ近くに飛んできたようだ。

このところ鶯よりホトトギスがうるさいぐらいに

けーきょけきょキョキャキョクと鳴いている。

DSCN0455.JPG

イチジクはまだ小さく、「まーだだよ」と言っているかもしれない。


こんな作品と庭の「うふふ美術館」は下のバナーのクリックでご覧いただけます。


dodanトレードマーク3.jpg

玄関は初物貼るもの描くもの。天狗ナスはおいしいぞー [土暖美術館]


これは我がアトリエ玄関内側である。

FSCN0419.JPG

ピンボケなれど雰囲気をご覧じろ・・。

和紙をちぎったり切って貼り、色付けしてみた。

中央にはハートが、下には実った果実が一枚の葉を残して落ちかけている。


こんな玄関じゃあ「いげんかーん」っと駄洒落すぎるダジャレで

切り出そうとしたが、写真のごとくやはりピンボケだったかもしれない?

春の乙女貼り絵.jpg

駄洒落でダメなら、切り絵で行こうと考え

このようなものを作ってしまった。

これは椿の種のカラを利用して、小枝を輪切りにしたものを顔に見立てて

今の私の心境を表したもの。


「るんるん・・いつもおめでたいねーおっちゃんは」

的ご意見を頂戴するかもしれないが意外とまじめに作っているのだ。

FSCN0427.JPG

畑にはナスが盛んに花を咲かせていて実もつけている。

実は昨日、約10㎝に育った初物のナスを焼きなすにして食べてみた。

このナスは「天狗ナス」(中央)という種類だそうで栽培も初めてだが

食べるのも初めてで、実は柔らかく優しい味。

このナスは20㎝以上にもなり、時として天狗の鼻のような突起をつけるそうだ。


初めてのことで何も知らず、初物は少し早めの摘み取りがよいのでは・・

との勝手な判断で切り取ってしまった。

というか、やはり初物のキュウリとかぼちゃの実を食い荒らされてしまったので

恐れをなして早めに切り取ってしまったというのが実情である。

練習2.-18.jpg

摘み取りを少し早まったのでは?と後悔したが遅きに失し、

苦し紛れに鉛筆で悔しさを線で表現してみた。

バサバサバサ…丸々ぐいぐい。

あー・・これでさっぱりした。

ナスは「またのお越しをお待ちしております」と言っているのだ。


このような作品を常設している伊豆高原の「うふふ美術館

詳細は下のバナーをクリックしてご確認ください。


dodanトレードマーク3.jpg

前の5件 | -