So-net無料ブログ作成

線の練習・筆の練習・バランスの練習・・はい、いろはにほ・・ [土暖流教室]

冗談で書4.JPG

練習、それはとても面倒くさくて辛いもの。

練習、それはなにをどうすればよいのか分からないもの

練習、それは目標があっても今が見えないもの。

練習、なぜ必要なのかよく分からないもの。

練習、いつまで続ければよいのか分からないもの。

練習、それはどこまでが練習でどこまでが本番なのか分からないもの。

練習、それはどこを磨けばよいのか皆目分からないのも。

練習、それは同じ失敗の繰り返しでしかないと思えるもの。

物によっては少し練習すれば本番として商売にもなるものもあれば

数十年続けてやっと一人前・・という仕事もある。

字というか書は小学校で習えばいつでも誰でも書ける。

しかしながら、大人になってから改めて書を習う人は多く

また長く続ける人も多いようだ。

書は実のところ練習こそが主体であって、

作品とも言える完成品は

たったの数枚であることが多い。

油絵は失敗しても重ね塗りが簡単にできるが、

書は白い紙を汚すことになり、失敗は許されなくて

ちょっとしたことでも

最初からのやり直し

となる。

よって、書いている途中で間違いが起きないほどの慣れを

要求されて多大な練習が必要になってくる。

しかしながら、練習したからといって本当に上達したのかというと

またそれは別問題。

なんじゃそりゃー・・そんなことなら わたしゃー

え~い勝手気ままが一番のお楽しみ「おとっとうおじさんで書」といこう。

練習、「いろはにほ、色が匂って もう、ほとほと へとへと。」

たった一枚でかなりレベルの高い作品ができたぞ?

な~んて意味深で勝手な夢を描きながら今日も書いてしまった

万年青年の土暖さんであった。

土暖工房ロゴ3.jpg

グフフ・・の万年青年といわれる土暖さんの作品は上の「あら、まあバナー」

をクリックするか最上部の写真をクリックしてご入場ください。

真面目で冗談いっぱいの作品がたくさんご覧いただけます。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。