So-net無料ブログ作成

トマトは高原が好き、夏が好き、爽やかが好き [土暖美術館]


私の住むところは標高200m。

それほど高地とは言えないが、なぜか高原性の気候。

冬は西風が結構強く寒いが、夏は快適な風が吹いて爽やか。

木陰に入ると真夏でも涼しく過ごしやすい。


伊豆高原の名の由来は高地にあるのではなく、

気候が高原性ということなのかもしれない。


DSCN0017(1)_compressed.jpg

上の写真は庭の南側中央部。

クヌギの大木が乱立して常に木陰を作っている。

クヌギがシイタケの榾木に向いていることを知らずにいて放置していた。

その後シイタケ栽培を知って,手探り状態で菌を植え付けてみた。

FSCN0426.JPG

高原性の気候のためかトマトがよく育つようだ。

昨年は畑仕事の知識ゼロ状態であったが、とにかく土地があるので

トマトを植えてみたところ多少の収穫があった。

手入れ方法とか食害とか何も知らなくて始めたので、伸び放題・

カラスに食われ放題の状態だったがそれでも少しは収穫できた。


それに気をよくして今年は畑を耕し畝を作って肥料も入れての

トマトづくり。肥料が利いたのか茎も太く花の付きもよい。

すでに実もついている。

FSCN0413.JPG

今までブログとしては自作品の紹介を主目的としてきた。

更新があまりできなくて挫折しかけたが、畑仕事なら日々の変化も多く

更新しやすくなった。

上の写真はイチゴの葉っぱを自作品に活けてみた。

葉っぱ1枚が10㎝以上もあって直径35㎝ある皿を覆い隠してしまうほど。

敷物のテーブルクロスも手持ちの白いリネンに手描きしたもの。

綺麗な花を飾るのもよいが、手持ちの物や庭にあるものを使って

手作り手描きのすべてを楽しむのが土暖流なのだ。


伊豆高原の「うふふ美術館」は下のバナーをクリックでご覧になれます。


dodanトレードマーク3.jpg

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。