So-net無料ブログ作成

うふふ美術館の庭から富士を眺めて初舞台 [土暖美術館]

DSCN0546 (1).JPG

寒い寒い、本日は実に寒い。

西高東低の気圧配置で寒波襲来・・・

ということは

雲一つない青空が期待できる?

ということは

我が「うふふ美術館」の庭からも

富士山が見える

・・ということ。


揺れる揺れる木々が揺れる。

なぜか伊豆の木々は太っていて天高くそびえ威張っている。

同じ風でも「ふふ美術館」近くの春の大室山に吹く風は

柔らかにさわさわ揺れて

なんだか心地よいイメージだが、

なぜか自己主張の強いアトリエ付近の木々は

ごうごうごうごうとイノシシのいびきのような音を奏で

気の弱い私などちょっと怖い。


もうこの季節、

丸裸の木々から舞い落ちる衣装はないが

庭中、舞う舞う舞う舞う落ち葉がまるで忍者のように舞い狂う。

吹きあがったと思うと急降下、

垂直並行飛びと思いきや地面を柔らかに転がりピタッと止まる。


もし、このイノシシのイビキのような轟音がなければ

まるでバレーを見ているように見えるかもしれない我がアトリエの庭舞台。

そんな舞台から辛うじて見える富士の山。

雲一つない空にちょこんと顔を出している

小顔の主役なのである。




DSCN0545 (2).JPG


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。