So-net無料ブログ作成
手描きはがき絵 ブログトップ
前の5件 | -

滝つぼで、あっち向いてホイ、みんなでホイ・・と仲良く泳ごう。 [手描きはがき絵]

色手差しハガキ魚と滝wjpg.jpg
 めだかの学校は滝つぼの中。
休みももうすぐ終わり。
んなで泳ごう、仲良く泳ごう。
・・・・・・
ちゅめたーい滝つぼで、
元気いっぱい夢いっぱい。
みんな幸せ、ピンクのハート
・・・・・
魚が満載、ふくろうが満載。
楽しい詩やイラストが満載のホームページは
「告井土暖」と検索の上「告井土暖の個人美術館」で
ごゆっくりご覧ください。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

恋に狂った真っ赤な告白ハートを運ぶふくろうは、驚きのどんぐり目なのだろうか? [手描きはがき絵]

色手差しハガキふくろう24w.jpg

 

きりりと目を見開いて前を見つめる紫色のふくろう。

ドキ!オヤ?なんだろうと言うような顔をして前を見つめている。

と言うかなんと言うか?

もしもいま、私が愛の告白をするとしたら、

たぶんこんな顔をしてるんだろうな?と推測する。

何を隠そう、自慢じゃないが私はすごい緊張マンなのだ!

真っ赤に燃えたぎるハートをしっかり挟んで、

夢と希望と、何故か知らないが恐怖におののいてしまうのだろう。

恋は残酷な夢。

しかし、夢あってこその恋。

 

恋の仕方や男と女の駆け引きを楽しく分かりやすく説き描く

「おっとっとうおじさんの不倫の詩」に興味のお持ちの方は、

こちら、「告井土暖の個人美術館」でご覧ください。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ひとり相撲も二人相撲ものこったのこった! [手描きはがき絵]

色手差しハガキふくろう23w.jpg

 

すってん・ころりん

おや?転びましたね、かってに。

う~ん、たぶんこれをひとり相撲というのでしょう!

 

ふくろうのあ~んなことやこ~んなことを描いたホームページ

「告井土暖の個人美術館」へはこちらからご入場ください。

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

人気絶頂の楽しいふくろうハウス・星降る里の別荘にようこそ。 [手描きはがき絵]

色手差しハガキふくろう19w.jpg

  

みなさん、ようこそ土暖のふくろうハウスへお越しくださいました。

こちらは山深くではありますが、澄んだ空気が売りの

名づけて「ふくろうの里土暖庵」

まだ誰も知らない田舎の村ではありますが、

こちらでの自慢は「星降る夜」が満喫できることとユニークで楽しい作品群。

 

「ほーほーほっほー、ごろくとほっほー」

 

絵に描かれるは、わちゃくし「ふくろうの里土暖庵」の主、土暖ちゃんでございます。

人間の世界では還暦になると赤いチャンチャンコを身につけることがあるようですが、

ふくろう庵では、赤い山高帽が今一番のクールなおしゃれなのでございます。

おちゃれといえば、土暖庵には素敵な小物がいっぱいあるのです。

ふくろうの蓋物にふくろうの香合、はがき絵ふくろうに駄洒落のふくろう、

石絵のふくろうやTシャツに描かれたふくろうたちなどなど・・。

ふくろうたちだけでもかなり豊富な品ぞろえ。

その上、泳げぬ魚の陶芸や枯れない花をモチーフにした陶芸から墨彩。

立ち話ではお話しできぬほど豊富な品揃えなので、

皆様には是非こちらのホームページへのご訪問をお勧めいたします。

本日、私は森の番人としてあなた様をお迎えに参りました。

「告井土暖の個人美術館」へはこちらからならこけずにお入り

いただけますので御ゆるりとご高覧ください。

おほほほー・・・


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

夏の風物詩・恋人の丘岬で叫ぶか、遊泳中脱げてしまったあれ~温泉なの? [手描きはがき絵]

色手差しハガキヌード5w.jpg

 

私は今ヌードでいる。

なぜかと言うと、脱いでしまったと言うか脱げてしまったからである。

しまった!とは思ったが、意外と気持ちよいのでそのままでいるのだ。

「しまった大変だ」「脱げてしまった」それでもって

太って見られるといやだからお腹をへこめて「私の体が締まった」・・

なーんて言葉遊びにいそしみながらヌードを楽しんでいる。

あ・あ・あ~~と、

服を着ているときにはありえない原始人的開放感に浸って

ジャングルのターザンのごとく叫んでみると

男たちが寄ってくる寄ってくるそれも大量に?

と、よくよくそちらを見ると、大量には違いないがそれは男と言うより人面魚。

ぎょ・ぎょ・ぎょ!!?

一応魚だけにそのように驚いてみたが「あらー、なんか変?」

変と言えば「泳いでいるのになぜ水面が赤いの?」

「だってだってエ~、人面魚は実は真っ赤な金魚だったのよ!」

私の体重で押しつぶしてしまったようで真っ赤なの。

すこし反省して、お尻を少し削ってみたけどわかるかしら?

知りませんしりません、そんなこと。

このように、絵は思いっきり自由に想像し創作し楽しめます。

あなたも土暖流お描きに参加し体験してみませんか?

 

金魚というより人面魚が思いのほかたくさん展示されている館

「告井土暖の個人美術館」へはこちらからご入場ください。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | - 手描きはがき絵 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。