So-net無料ブログ作成
水彩画 ブログトップ
前の5件 | -

伊豆高原、いずこに作ろう個人美術館、どう飾ろうかふくろうと唐辛子 [水彩画]

一輪挿しに陶ふくろうと唐辛子縦長.jpg

 

人生の終盤になっても私にはいまだ実現できていない夢がある。

それは、長い間描き続けてきた絵画類や陶芸作品、そして石絵や

手描きのTシャツ、手作り絵本などなど思いつくまま気の向くまま

幅広くそれはたくさんの作品を作り続けてきた。

それら作品群の常設公開展示場所で仮称「告井土暖美術館」の開設なのだ。

過去私は公募展には一切応募せず、自我の境地での物作りを

重要視して個展だけでの発表しかしてこなかった。

物つくりを楽しみ描きするうち、いつの間にやら膨大な作品数に

なっていて、気が付くと家中作品だらけの倉庫状態。

この状態を世では「死蔵」というと思うが、まるでその通りで

最近になってこれではいけないと強く思うようになった。

そこでいろいろ思案の結果、温暖で都会にも近い伊豆高原の一角

一碧湖の湖畔に「アトリエ兼展示ギャラリーの開設ができたらいいなー」

と考えるようになリ、この数年物件探しに時間を費やしてきた。

現在の住まいとは遠く離れているのでなかなか情報も入りにくく

また現地確認もままならない場所ではあるが、

やっとのことでとりあえずの土地を確保することができた。

人生には常に達成感が大事だが、その過程を楽しむのもまた

充実した毎日を送る賢い方法と無理に自らを納得させながら 

小さな一歩一歩で夢の実現に向かって邁進するのみ。

美術館作りも物作りの一角と位置づけ、実現にかける自分がここにいる。

どなたか、伊豆高原に詳しい方とか美術館作りに興味ある方とか

個人美術館開設以外でも、情報としてのご意見をコメント欄に

書き込み頂けましたら幸いです。

土暖亭ロゴ1 コピー.jpg

たくさん作りためた作品の数々が目一杯ご覧になれる

「告井土暖の個人美術館」へは上の「土暖亭バナー」を

クリックしてご入場ください。。


椿咲き 魚型の蓋物兼一輪挿しに 活けたもう [水彩画]

魚の蓋物と蕾の椿縦長.jpg

椿も種類によってはすでに咲き終わって、

ホッと一息というところか?

我が家の椿はやっとのことで蕾が開き始めたものがあり、

住人に似て遅咲きが自慢の椿なのかもしれない。

そういえば、ロウバイも一般的と思われる時期よりかなり遅く咲く。

植わっている地形とか日当たりとかがよくないのか?

それとも、肥料もやらずほったらかしの私の性格に嫌気がさして

わざと遅く咲かせているのであろうか?

いやいや、そうではあるまい!

きっと、住人と程よい調和を保つためにわざと遅咲きを

して、主人たる私を慰めているに違いない。

うーん、さすが我が家の椿で思いのほか思慮深い。

以前作った魚の蓋物。

これは一応珍味入れとして作った蓋物であるが、

おちょぼ口を可愛く生かして時々一輪挿しにと変身するのだ。

ただ切っただけの蕾付きの小枝を魚の蓋物に加えさせてみたところ

意外と面白く感じたので早速水彩画にしてみた。

土暖亭ロゴ1 コピー.jpg

椿やら桜やら菖蒲やらをはじめ可愛い花とか魚とか、

陶芸とか水彩画とか手描きTシャツとかそれは数多く展示されて

いて見ごたえがある「告井土暖の個人美術館」へは

上の「土暖亭バナー」または「最上部の作品写真」をクリックして

ご入場ください。

 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

赤絵の唐草を刺青的に染付けた魚の壷と水仙の群生水彩画 [水彩画]

水仙と魚型壷縦長.jpg

 「早春に かあさんのにほい 懐かし 白水仙」

この一行は私「土暖」作のただの詩。

水彩画を描きながらふと思いついただけの詩である。

手前の魚の壷はもちろん自作の陶芸作品で、

染付けも自ら施し焼き上げた陶芸作品を主題材として

庭の水仙をバックに水彩画で描いてみたのだ。

たまたま春先のうららかな日和の中で、

自作の陶芸をどのように生かそうかと考えながら

思いついた構図なのである。

ただ思いついて水彩画を描きながら

ただ思いついて水仙を背景として配置し、

ただ思いついて詩を書いてみた。

ただの思いつきも意外と捨てたのもではないと言うことを

皆さんに推薦したいと思いついて

マイブログに掲載したのであるが、

「すいません」という羽目になるかどうかは

今は思いつかない私なのである。

dodanトレードマーク3.jpg

水仙や椿、山茶花や蓮の花など各種描いては展示している

「告井土暖の個人美術館」には上の「どDAN」バナー」

「最上部の作品写真」クリックしてご入場ください。

ユニークな陶芸作品や手描きTシャツなども

豊富にご覧いただけます。

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

早春に手を取って、仲良く寄り添う水彩画風お雛様 [水彩画]

お雛様09.01-3.jpg

このところ暖かい日が続いて、今年は春が早く来そうです。

春といえばお雛様・・と言うことで、私はなぜかいまお雛様の絵に心血を注いでいる。

4~5日前には最初に完成したお雛様の絵を掲載しましたが、

本日は新たに完成したお雛様をご披露いたします。

続きを読む


コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

お雛様のイラストで団地型薄型壁掛け式のひな祭り [水彩画]

お雛様09.01.jpg

ブログの更新もままならない社会情勢の中にあって?本日はたまたま3日と言うことで、

急に思いついたわけでもないが突然3月3日を思い出して急いで更新を試みた。

3月3日と言えば誰がなんと言っても私はお雛様を思い出す!

と言う私は一応と言う程度のオトコ衆の端っくれなので、お前は関係ないとブーイングでも

起きれば即座に退散しなくてはならないところだが、

ちょっぴり私にもお雛様にはご縁があって離れられない事情もあるのだ。

 

続きを読む


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | - 水彩画 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。